ユキが逝って一ヶ月たった。
つい昨日のことにように感じる。
逝ってしまってすぐは悲しいながらも人とお話ができたんだけど、
だんだん…日を追うごとに苦しくなって、しばらく一人になりたいって思った。

201109162.jpg

門扉の扉はユキが鼻でくいっと開けてしまうから、鍵をかけていたんだけど
それも要らなくなった。
無花果をもう採ってくれる人がいないから、マロンは寂しく無花果の木の下で上を見上げている。
庭のバラにユキやジョディーのしっぽの毛がからみついて、あらあら…と言うこともなくなった。
ジョディーとユキの冬用の服を作るため春に生地を買っていたのに、それも使うことはない。
可愛い女の子用の首輪を作ってもそれを付けるジョディーとユキはいない。
パソコンやっていても、足元にはユキは来ないし。
食事中も足元に来るユキがいない。

ジョディー15歳4ヶ月、ユキ11歳6ヶ月。
こんなに長く一緒に居たんだもん。まだまだ受け入れることはできないよ。


ジョディーが亡くなる前からペットヘルパーの資格をとるため、勉強していた。
でも結局ふたりの介護には間に合わなかった。
その中で、ペットロスの方への対応方法も勉強した。
真っただ中の私がね…皮肉だ…。

ペットロス
最もなりやすいのは、子供のない夫婦(奥さん)または一人暮らしの女性。
介護を一人でしていた人、また一人で看取った人。
んまぁ…どんぴしゃだわ。

対応の仕方
ペットロスはまだまだ周囲に理解されにくいものです。
そのため、なにげないまわりの人の一言に敏感になることもあります。
その結果、人とコミュニケーションをとるのがおっくうになり、
人に会いたくない気持ちになることもあります。
「いつまでも悲しんでいると、○○ちゃんがかわいそう」
「そんなに泣いていると○○ちゃんが天国に行けませんよ」
「寿命より長生きしたんだから、幸せですよ」
「次の子を飼ったらどうですか」
慰めるつもりでかけた言葉が飼い主さんの心を突き刺すのです。
ですから、何も言わずに飼い主さんの話を聞いてあげましょう。
201107314.jpg


まぁ…そうね。
ペットに対する思いは人によって違うからね、本当に同じ気持ちになることって難しい。

もう新しい写真は増えることはないんだなぁ…って、いまさらながら思い、また悲しい。
これから先、どうやって生きていけばいいんだろうなぁ。
青い空を見上げるだけで、悲しくなる。

スポンサーサイト

まだダメです

2011年7月~9月収支報告

comment iconコメント ( 4 )

わかります

私も流産や死産を繰り返したとき
同じように周りのなにげない発言や
いろいろなことで悩みました。
(結局仕事を辞めました)

こういう気持ちのときって
時間しか解決してくれる方法が
ないように思います。

無理せず気持ちの整理がつくまで
のんびりして下さい。

名前: マックスママ [Edit] 2011-10-19 11:34

マックスママへ

今は日によって、精神状態が違うみたいで
起きた瞬間にダメだったり、今日は大丈夫と思ったり。
まだまだメチャクチャな日々を送っています。
そうですね、時間が解決してくれるんでしょうね。
ありがとうございます。

名前: しまわん [Edit] 2011-10-21 18:01

こんばんわ。お元気ですか?
こう聞くのもおかしいですよね。。。


私はくうにとても助けられました。
ヤンがいなくなって・・・・凛もモコもいるのに・・・
寂しくて、辛くて気持ちのやり場がありませんでした。
自分の気持ちを埋めることができなくて。
そんなときでしたよ。くうを見たのは。
まぁ~ご存じのとおりのくうですから、私が守ってあげなくっちゃと・・・・思うこのごろです。

あれから、もう1年近くになりますね。
元気に・・・・そして楽しい生活をわんこからもらっています。
私の源です。
焦らず、ゆっくり気持ちの整理ができた時、
また保護犬に目を向けてみてはいかがですか?

いつか・・・くうを連れて遊びに行ってもいいですか?

名前: もっこりん [Edit] 2011-10-21 20:09

もっこりんさんへ

そうですか、あれから一年ですか。早かったのかな…いろいろ大変でしたね。
もっこりんさんに出会った時を思い出します。悲しい思いをしたのに、他の子を救ってあげたいと思う心、
しかも心配事を抱えていたくうちゃんをひるむことなく是非との言葉にに感動しました。
私の方はなかなか前を向くことができず、毎日過ごしています。
はい、元気になったら是非遊びに来てください。くうちゃんにも会いたいです。
ありがとうございました。

名前: しまわん [Edit] 2011-10-23 21:02

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)