たくさんお花を頂きました。
ジョディ子はみんなに大事にされていたんだね~、嬉しいねぇ。
2011081521.jpg

かあしゃんの自慢の娘しゃん。可愛い可愛い娘しゃん。とても良い子。
ジョディ子は 怒 という感覚を持ち合わせていない。
ん?困ったな…という顔はするけど、怒ったことはない。
吠え声なんて5年くらい聞いていない。
本当にいい子だなあって思う。
201107281.jpg
そして ふわふわ、さらさら、きれいな毛。
年をとってもその毛並みは美しく、本当にもう自慢の娘しゃんだったね。


かあしゃんは…というと…。
長い時間は無理だけど、数時間単位で眠れるようになってきた。
ジョディーがいる時から、夜中は時々起きていたから、そんなに変わったわけでもない。
でも起きたらジョディーがいない。
あれっ、やっぱりいないんだ…。最初の数日は夢かと思っていたけれど、
やっぱり、横にはジョディーがいない。
よいちょって 寝返りも打たせることができないって思うと、たまらない。

ジョディーが1年10ヶ月前に、前庭炎で倒れてから、ずっと1階で寝ている。
もうそこで寝る必要もないのだけど、
ずっと一緒にいたから、2階に上がることができない。

台所のラブラブマットの横に ジョディーがすぐお水が飲めるように
置いた水飲み場も、片づけないといけないんだけど、片づけられない。
ジョディーが大好きな台所で、どすんと横になった時に痛いだろうと敷いた
ラブラブマットもそのまま。
ペットゲートの段差に引っかからないように敷いたマットも
ジョディ子のためだったから、もういらないんだけど、片づけられない。


頑張りやさんだったね、ジョディー。
みんなが褒めてくれるよ。
本当によく頑張ったね。
大好きだよジョディー。
うちの子になってくれてありがとう。
もう二度とその体を抱きしめることができないと思うとつらくて苦しいけど、
私は待っているよ。
生まれ変わっても、絶対一緒になろうね。


スポンサーサイト

今日で2週間

ありがとうございます

comment iconコメント ( 5 )

無償の愛をくれたわんこへの恩返しは、前を向いて、次のわんこを救う事だと思います。

耳をすまし、天のジョディーの声を聞いて進めば、これかも力になってくれるでしょうね。

名前: ぷうこ [Edit] 2011-08-16 21:39

しまわんさんの、ジョディーちゃんに対する愛情を聞いていると、悲しいというより、私自身が幸せに感じるくらい、深い愛情をたくさんもらっていたんだな、ってつくづく思います。
犬って本当に不思議な生き物。
人間より寿命は短いと分かっていても、こんなにかけがえのない家族になるんですもんね。
ジョディちゃん、今どんな気持ちかな~
「かぁしゃん、私はいっつも横にいるよ、もう心配しなくても元気よ」って言ってる気がします。
時間はかかると思いますが、ジョディちゃんとのたくさんの思い出を笑顔で受け止められる時が来ることを願っています。

名前: momopag [Edit] 2011-08-18 10:51

同じでしたよ。私も… いつまでたっても片付けられずに。毎日、水入れのお水まで替えて。
よく焼肉食べてお肉が残ると「お土産」といいながら、お肉を持って帰っていた私。ある日、もう「お土産」必要ないのに、自然と持ち帰ろうとしていたことがありました(涙) 

今も亡き愛犬たちの物しまってあり、「お母さんが棺に入れてね」と子供達にたのんであります。

どうしても捨てれない物。彼女が最後に匂いをかいだビスケット…。まだ、カビもせず我が家にあります。

ほんと、かけがえのない家族です。

名前: ラフ&リリィ母 [Edit] 2011-08-18 17:47

momopagさんへ

そうですね、かけがえのない家族でした。
ジョディーが逝ってしまってから、ずっと写真整理をしていました。
子犬の頃の写真がとても可愛くてやんちゃで、正直こんなおとなしい子になると思わなかったなあとか、
少しずつですが、あーあの旅行はあんなことがあった、とか楽しかったなあと思えるようになりました。
最後の時のことは、思いだすのがまだまだつらい毎日ですが、頑張ります。
いつもありがとうございます。

名前: しまわん [Edit] 2011-08-19 05:55

ラフ&リリィ母さんへ

そうですよね、なかなか片づけられません。
それでいいのかな…と思ったり、少しずつ片づけていかないと
立ち直れないのかな…と思ったり。
それと習慣というのは 体に染みついていて なかなか変えられませんね。
それがまた つらいです。
しばらくは無理せず、心のまま過ごしていこうと思います。

名前: しまわん [Edit] 2011-08-19 06:06

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)